学生の下宿事情は「学生下宿事情」

学生マンションのナジック
http://749.jp


 
学生下宿事情 > 東洋学園大学 学生下宿事情
東洋学園大学(Toyo Gakuen) http://www.tyg.jp/
1926年東洋女子歯科医学専門学校として設立。新教育制度発足とともに1950年東洋女子短大開校、英語教育に力を入れる。1992年男女共学の総合大学として東洋学園大学開設。人文学部、現代経営学部の2学部、2008年には大学院を併設。

より良い住宅環境のサービス窓口として

最初に東学サービスについてお聞かせください。

東学サービスは2007年3月末にスタートした、100%東洋学園大学が出資した子会社になります。

大学の建物管理、建物貸借、清掃、警備、学生寮の管理・運営、また将来的には留学生のお世話や先生方の著作の出版などの事業を考えております。特に学生に向けては住居探しの窓口として頼られる存在となるつもりです。

ナジックさんとも今後、寮の管理などでも協力いただきますが、契約も私どもの東学サービスと交わし提携関係を進めたいと思います。

大学の概要、学生数、入学者の出身地など教えてください。

まず『面倒見のいい大学』『時代の変化に応える大学』『国際人を育てる大学』というのが、本校の特徴です。東洋女子短大として知られていたのですが、1992年に男女共学の総合大学「東洋学園大学」としてスタートしました。昨年の3月には新校舎も本郷に完成しました。

現在は二学部三学科で約2,670人の学生が学んでおります。出身地は東京が一番多く埼玉・千葉・神奈川で学生の75%ほど。茨城、栃木、群馬、新潟、山梨、静岡を加えますと9割になります。残りが東北・近畿圏・九州になります。

本郷以外にも千葉・流山にキャンパスがあるのですか。

昭和40年代初頭に流山キャンパスを作っております。学園の方針で、一、二年次は自然溢れる流山で、三、四年次は交通便利な都心で勉学に励むということになっています。

つくばエクスプレスが開通しまして、南流山駅からキャンパスまでスクールバスを運行させております。本郷キャンパスのある本郷三丁目からは、50分ほどで流山キャンパスに行くことができます。

住宅サービスの充実には民間の力を活用

流山と本郷、学生はどこに住む方が多いのでしょうか。

本学は自宅から通う学生が多いですね。つくばエクスプレスや新幹線の開通で、茨城や栃木、群馬からの生徒は親元から通う割合が高くなっています。下宿生は25%、各学年約175人。大学所有で北小金に40名ほど収容できる女子寮、飯田橋と水道橋の間の安藤坂には男女共用の寮があります。

学生が下宿しているのは、一、二年次は北小金の大学寮、マンションやアパート住まいは千葉市・松戸市・柏市あたりが多いですね。三、四年次は本郷キャンパスに通いやすい場所に住めれば理想ですが、住居はそのままで、千葉方面から通ってくる学生もいます。もちろん、都内のマンションやアパートに住み替えされる学生もいます。

下宿が必要な学生に具体的にどんなサービスを提供していますか。

学生への住居の相談窓口は施設部が行っていました。しかし、思うように具体的な物件をご紹介することができず、親御さんと学生とで不動産屋さんを回って、探していらっしゃいました。昨年は住居探しの相談が思いのほか多かったですね。人数の限られた施設部の中に住宅の専門家がいるわけでもなかったので、たいへんな思いをいたしました。そんなことが重なって「これは専門家の力を借りて、お任せしたほうがよい」ということになり、ナジックさんにお願いすることにしました。

今年から新入生、在学生に対して住宅サービスの業者としてナジックさんをご紹介しています。ナジックさんにはオープンキャンパスにもご参加いただいていますね。住宅サービスに関しては、私のほうから親御さんと学生に充分ご説明したいと思っております。

学生マンションの価値は安心感、ナジックの24時間の管理は魅力

ナジック学生マンションのニーズや評判はいかがでしょうか。

「東京に住むならマンションに住みたい」とマンション住まいを希望する学生は多いです。ナジックさんの学生マンションはセキュリティもしっかりしているので、ニーズはかなり高いといえます。

また、ナジッククラブ24というサポートをやってらっしゃいますね。災害時の安否確認メールであるとか、24時間体制でトラブルに対応いただけるのはありがたく、医療相談サービスというのも期待しています。学生も地方から上京して親元を離れるとどうしても精神的に不安定になりがちです。

友達がすぐできる学生はいいのですが、そういった学生ばかりではないので、カウンセラーに相談できることも非常に心強いです。ナジックさんには、さまざまな付加価値がありますので、一人暮らしを心配する親御さんにとっても安心だと思います。

今後も充実したセキュリティやサポート体制を強化してくだされば良いと思っております。

今後ナジックに期待することをお教えください。

これまでは寮の管理・運営を大学が行ってまいりましたが、来年からは東学サービスが担当させていただくことになり、ナジックさんには実務を助けていただくことになりました。

安藤坂の寮は入寮費や寮費も下げまして、親御さんのご負担を少しでも軽減できるようにしました。

全国に管理物件を持ち、たくさんの大学と提携していらっしゃるナジックさんには常時、さまざまな情報を教えていただき、それに対してわれわれは真剣に学びとっていきたいと思っております。

株式会社学生情報センター
ナジック学生情報センターグループは、学生マンションや学校直営寮の管理・運営、アルバイト・インターンシップのサポート、そして学生イベントの支援を積極的に展開し、次代を担う学生を応援する「教育環境創造企業」の実現を目指します。

※ナジック学生マンション(749.jp)
本記事は(株)学生情報センターが2008年3月発行の「学生下宿事情2008」より抜粋したものです。
※取材時期・内容は2007年度現在となります。