学生の下宿事情は「学生下宿事情」

学生マンションのナジック
http://749.jp


 
学生下宿事情 > 菅原学園 学生下宿事情
菅原学園(Sugawara-gakuen Carrer College) http://www.sugawara-gakuen.com/
昭和24年、仙台簿記学校として創立。現在は仙台と東京を合わせて5校ある専門学校「キャリアカレッジ菅原学園」、さらには幼稚園や保育園も運営。「専門教育と人間教育の両立を目指す」総合学園として飛躍を続ける。

東北6県から幅広く集まる学生 学生寮も完備し受け入れは万全

御校の学生数や入学者の出身地などについて教えてください。

「キャリアカレッジ菅原学園」は仙台において、それぞれ保健福祉、デジタルアーツ、情報ビジネス、ペットという分野で、4つの専門学校を運営しています。在校生は4校合わせて、およそ1,400名。男性と女性の割合はほぼ同じですが、下宿生の割合は自宅通学生を上回り、7割弱にもなります。例えば「デジタルアーツ仙台」にある声優科やまんがアニメ科などの特殊な学科でプログラムも充実している学校というと、東北6県では仙台に集中しています。学生たちは東京に出るか仙台に出るかの選択を経て、主に東北6県から集まってきますが、宮城県内出身者の多くは大学進学を目指し、専門学校への進学は他県と比較するとやや少なめです。自宅通学生の中には、山形や福島から2時間弱かけて通う学生もいれば、所要時間ではほとんど変わらない県内出身の下宿生で、勉強とアルバイトを両立させながら生活をやりくりして、がんばっている学生もいます。

下宿を希望する学生に対しては、どのように対応していらっしゃいますか?

本学園の不動産子会社「ヒロインターナショナル」がご紹介するマンションやアパート、家主さんが所有する物件、学生寮に近い学生会館とよばれる物件などがあり、いずれも入学書類にご案内の冊子を同封しています。「ヒロインターナショナル」の冊子は、ナジックさんのお力も借りて制作し、ナジックさんの学生マンションもこの中で紹介されていますね。家主さんの物件については、ご紹介は学校が窓口となって行っていますが、入居に関するやりとりは家主さんとの間で直接行っていただきます。中には古い物件もあり、仙台市内でもエリアによっては、家賃が2万円台からのアパートがまだ残っていて、特に留学生がよく利用しているようです。

このほか、先輩などから情報を得て、街の不動産業者に自ら出向いて探す学生もたくさんいます。どのようなタイプの物件を選ぶかはさまざまですが、いずれも偏りなく利用者がいるようです。

御校は学生寮も完備していらっしゃいますね。

現在は4棟の学生寮を管理、運営しています。利用者は4棟合わせて100名ほど。親御さんは学生寮を第一に希望されますが、当の学生たちは、積極的には望んでいないようです。というのも今の学生は子どものころからひとり部屋に慣れているので、相部屋や門限などは敬遠されがちです。特に近年その傾向は強く、入居者も減ってきています。

初めてのひとり暮らしは学校から近くてきれいで安心して暮らせる部屋で、などとみな想像をふくらませているようです。特に学校に近いというのは、学生のあげる条件として非常に多いですね。その影響もあってか、本学園には自転車通学する学生が多く、学校から多少遠くてもいいから、安い物件を借りて自転車で通学するという学生もいます。みな家賃や立地など、いろんな条件を考慮して物件を選んでいますね。

「仙台保健福祉専門学校」がグレードアップ 学生は勉強も課外活動も意欲的に

2007年には「仙台保健福祉専門学校」を移転されましたね。

大学や図書館などが集う「泉パークタウン」と呼ばれる文教地区に新しく校舎を建てました。同校には医療技術、社会福祉、児童福祉、医療管理という4つの学科があり、500名ほどの学生がここで医療福祉を学んでいます。仙台市内から1時間弱かかる場所にあり、キャンパス周辺には大型の商業施設(仙台泉プレミアム・アウトレット)が開業したものの、身近なコンビニやファミレスなどの出店が待たれるためか、仙台市地下鉄沿線など、学校にも通いやすく市の中心部にも出やすい町に下宿先を構える学生が多いですね。

本学園では、先ほど述べた4棟ある学生寮とは別に、同校に通う女子学生専用寮として1棟ご用意しています。この寮は、完全個室タイプで学校まで自転車で10分の場所にあり、現在は30名ほどが寄宿しています。

入学を希望する学生に向けたメッセージ、ならびにナジックへのご要望をお聞かせください。

「キャリアカレッジ菅原学園」では、昭和24年の創業以来一貫して、広く深い専門知識(キャリア)、しなやかな感性、豊かな人間性を磨くこと(カレッジ)を教育理念に取り組んできました。

本学園には、単に就職することを目的に知識や技術を学ぼうという学生よりも、勉強もアルバイトも友達付き合いも大切に、学生生活を謳歌しようという活発な学生が多いように思います。「デジタルアーツ仙台」の学生を例にとると、音楽事務所のオーディションを受けたり、インディーズデビューしたりと、みな学生のころから意欲的に活動していますし、学校としてもその姿勢を応援しています。全国でもトップクラスの施設環境を整備した「デジタルアーツ仙台」を筆頭に、現代社会のキーワードである「心」をテーマとする「仙台保健福祉」、「癒やし」をテーマとする「仙台総合ペット」、ブライダル科に一層重点を置いていく「仙台情報ビジネス」、それぞれの学校でさまざまな分野で活躍できる人材を育成していきます。

最後に、ナジックさんには、安心・安全が確保された学生マンションを幅広く、よりリーズナブルにご提供いただけることを望んでおります。

株式会社学生情報センター
ナジック学生情報センターグループは、学生マンションや学校直営寮の管理・運営、アルバイト・インターンシップのサポート、そして学生イベントの支援を積極的に展開し、次代を担う学生を応援する「教育環境創造企業」の実現を目指します。

※ナジック学生マンション(749.jp)
本記事は(株)学生情報センターが2009年3月に発行予定の「学生下宿事情2009」より抜粋したものです。
※取材時期・内容は2008年度現在となります。