学生の下宿事情は「学生下宿事情」

学生マンションのナジック
http://749.jp


 
学生下宿事情 > 大阪モード学園 学生下宿事情
大阪モード学園(Osaka Mode Gakuen) http://www.mode.ac.jp/osaka/
1971年に大阪モード学園開校。産学協同を基本理念に掲げた独自の教育システムのもと、即戦力となるスペシャリストを育成。また創立以来、プロ就職の確かな実績を上げています。万一卒業時に就職が決定していない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる「完全就職保証制度」を設置しています。

「人間力」を養うため学びの場に十全の整備

日本のトップ・クリエイターを数多く輩出される有名校であり、即戦力となるスペシャリストを育成するための教育システムを完備されておられます。

今、もっとも業界が求めているのは即戦力のプロ、エキスパートです。モード学園には東名阪、そしてパリの4校があり、さらにクリエイションと呼ばれる多種多様な分野の学科を設けています。これら4校が連動し、学科間がコラボレーションしあうという当学園ならではのシステムを生かし、即戦力となる人材を育成します。すべてのカリキュラムは毎年見直し、時代のニーズに最もふさわしい体制を整備。総合的、複合的な指導を行っています。

だからこそ、優れた技術や知識を身につけたプロ意識の高いクリエイターが育つのですね。

そのためには「人間力」を磨く事も非常に重要です。モード学園は社会に出るまでのワンクッション。最後の学校です。卒業=プロフェッショナルとしての日々がすぐに待っています。プロとして成功するには、知識や技術だけでなく精神面が豊かであることも不可欠。社会人として「自立した人間」になることです。そのためのより良い学びの場、環境を整えることも教育の広義な一環。当然、自宅外から通う生徒のための寮やアパート、マンションの整備にも十全の体制を敷いています。

業者を厳選して外部委託安全・信頼のサービスを

モード学園全体の男女比率はどのくらいでしょう。自宅外の生徒の割合も教えてください。

男女比率は美容系やメイク系は女子が多く、ファッション系は半々。全体で女子が6割、男子が4割になります。自宅外の割合は40パーセント以上で、全体の半数近く。沖縄や九州、西日本の各地から来られます。モード業界はなんといっても都会が舞台ですからね。就職の際も、企業は初期投資のリスクを考えるので、都会の学生のほうが断然、有利になります

学生さんたちに人気があるのはどのような住まいですか。

大きく分けると寮生活か、アパートやマンションでの一人暮らしになるわけですが、実はどちらが人気があるのか、その年ごとに比重が全く変わって予測がつかないのです。映画やドラマ、コミックの影響など、トレンドも敏感に反映しているのでしょう。

寮は仲間と共に暮らせるというのが魅力でしょうね。一方アパートやマンションには自由がある。寮は1社、アパートやマンションは3社。業者を厳選して外部委託しています。多くの業者と提携しても混乱するだけで、学生側には何のメリットもありません。こちらで信頼のおける業者をセレクトし、その後は学生個々のニーズにまかせます。

一番大切な事は、学生が卒業後、何十年という長い人生を自分の力で生きていくということ。そのために学園があり、そこでいかに学ぶのか。そのための環境づくりを寮にするのか、アパートかマンションか。どのような部屋を選ぶのか。親御さんの理解のもと、家族で考えて決めてもらっています。

ナジックのシステムが都会の暮らしを守る

学生さん、親御さんが部屋選びで重要視されるのはどのようなポイントですか。

やはりセキュリティと家賃。続いて学園までの距離ですね。セキュリティには立地も含まれます。環境の良い立地、たとえば閑静な住宅街で、学園までも近く、コスト・パフォーマンスのよいところ。女子はやはりセキュリティの重視はもちろん、マンションの美観も高ポイントになりますね。最近の学生の傾向としては設備や美観を重視する人が増えています。今までの暮らしのレベルを極端には落とせないということです。要望は様々ですが、それぞれに特色ある3社への外部委託で、多種多様なリクエストにお答えしています。

学校側としては、親御さんから大切なお子さんをお預かりするわけですから、セキュリティには当然、大きく着目しています。学生にどのような教育環境を与えることができるのか。その点、ナジックさんが提供するセキュリティ・システムは最も充実しており魅力的です。細やかなセキュリティが行き届いて、環境的にも良い立地の美観の物件を多く所有しておられます。24時間のメンテナンスサービスやメディカルサービス、学生相談からストーカー・セクハラ相談まであって、子どもを都会に送り出す事で不安がいっぱいの親御さんにも、安心していただいています。

今後のモード学園の展望についてお聞かせください。

業界では今まで以上に分野の垣根を越えたクリエーション能力を兼ね備えた人材が活躍していくことになると思っています。求められるのは自分で考え、自分でクリエイトする、創意工夫のできる人間。モード学園では才能は誰にでもあると考えます。誰でも学べば、豊かな創造力のあるクリエイターになれる。その才能を伸ばして、育てるのがモード学園です。学生には人間力を磨いて、真の豊かさを身につけた人になって欲しい。その豊かさがマルチに活躍する原動力になるからです。

そのためにも人としての暮らしの部分で地に足がついていないといけない。教育環境を整えることは夢の実現への第一歩にもつながりますね。

株式会社学生情報センター
ナジック学生情報センターグループは、学生マンションや学校直営寮の管理・運営、アルバイト・インターンシップのサポート、そして学生イベントの支援を積極的に展開し、次代を担う学生を応援する「教育環境創造企業」の実現を目指します。

※ナジック学生マンション(749.jp)
本記事は(株)学生情報センターが2008年3月発行の「学生下宿事情2008」より抜粋したものです。
※取材時期・内容は2007年度現在となります。