学生の下宿事情は「学生下宿事情」

学生マンションのナジック
http://749.jp


 
学生下宿事情 > 西鉄国際ビジネスカレッジ 学生下宿事情
西鉄国際ビジネスカレッジ(Nishitetsu International Business College) http://www.ibc.ac.jp/
西日本鉄道が設立した観光業界向けの専門学校。体験型授業や全員参加の企業実習により業界からの評価が非常に高い。福岡県内だけでなく、日本中のホテル、旅行会社、航空関連会社に卒業生を数多く輩出。就職率は6年連続100%を達成し、業界への就職率が高いこと(2007年3月卒業生95.2%)でも知られている。

下宿生活を含めた経済的なサポートが必要

はじめに下宿の現状を教えてください。

全学生600名弱のうち、約半数が学生寮かアパート・マンションに下宿しています。そのほとんどが女子学生なので、親御さんの希望としては圧倒的に寮が多いですね。ただし学生本人はアパート・マンションを望むケースが多く、両者の間をとって最近は学生マンションの人気が高まっているのかなと感じています。

学生や親御さんからよく受ける質問はありますか?

「学生寮とアパート・マンションどちらがいいですか?」という質問をよく受けます。学生マンションがあるのはあまり知られていないので、寮の共同生活か、アパート・マンションの一人暮らしか、という2つの選択肢でまず悩まれます。

ただ当校としてどちらかだけを推奨することはありません。寮は食事付きで管理人さんもいて安心ですが、門限などの規則を守らないといけない。アパート・マンションは自由な反面、自己管理が必要になります。物件によって家賃や立地も異なりますから、一概にどちらがオススメとは言えないんです。

安全な下宿を提供するため、学校が取り組んでらっしゃることはありますか?

一つは、学校直営の寮を運営しています。入学前に親御さんが心配されるのはやはり経済面です。学費や入学金に加えて、下宿するとなるとそれなりの初期費用がかかりますから。そこで当校の寮では、初期費用をかけず家賃だけでスタートできる形をとっています。学費だけでなく、下宿生活を含めた金銭的なサポートのニーズが高くなっていますので、そこをできるだけ軽減してあげたいという思いはありますね。ですから本校ではホテル・旅行会社・航空関連会社など業界内でのアルバイト紹介にも力を入れています。企業や学生のニーズも高いですし、アルバイトをしながら勉強できるのが大きいですよね。

学生マンションは安心で楽しい環境

下宿紹介はどのようなスタイルをとっていますか?

『ひとり暮らしガイド』という冊子を作って、学校のパンフレットと一緒に郵送しています。これには学校の直営寮と指定寮を写真付きで掲載し、直接業者さんへ連絡できるようにしています。

もちろん体験入学などのイベントでは、私たちが下宿相談を受けることもあります。

ナジックとの関係をお教えください。

学校が指定する不動産業者の一つですが、先ほど寮とアパート・マンションの中間が学生マンションと言ったように、私たちも他の不動産業者とは一線を画す会社さんだと思っています。

実際、ナジックさんにお世話になっている学生は非常に多いんですね。例えば寮を希望している学生でも、ホテルでアルバイトをすると寮の食事が無駄になってしまいます。

またエアポート科の学生は実習で朝早いときなど、管理人さんに門を開けてもらわないといけなかったり。そのように「寮に安全・安心は求めるけど、生活のスタイルが合わない」という学生には、学生マンションがマッチしていると思います。設備やセキュリティが充実しているのはもちろん、24時間体制の相談サービスなどもあるので、通常のアパート・マンションよりぐっと安心感が高いと思いますね。

また、学生マンションなら友達ができやすいというメリットもありますね。

この前もある学生が「最初はすごく不安だったけど、すぐに友達ができて楽しい生活を送っています」と言っていました。

入学時はもちろん出口のバックアップも

これからナジックに期待されることは何ですか?

入口(入学)での部屋探しについては十分満足していますが、出口(卒業)のサポートもあるとなおありがたいですね。

当校の場合、関東・関西の都市部へ巣立っていく学生が非常に多いので、家賃の相場がわかったり、物件を紹介してもらえたりしたらすごく助かります。

例えば、ナジックさんのマンションに2年間住み、卒業後も同じマンションに住みたいという学生には「ナジックキャリアファイブ」というシステムを設けられていますよね。これが全国どこでも対応できるようになると、よりいっそう心強いです。

就職率の高い学校だからこそ、出口も大切なんですね?

はい、就職率は6年連続100%を達成していますし、開校以来九八%以下になったことはありません。ただ率だけではなく、高卒でも大卒でも入れないような企業を目指せるところに本校の意義があると思います。

企業から評価されている点も、臨場感のある体験型授業と実習です。当校では全学生が一年生のうちに必ず実習に参加しています。実習後の学生はイキイキとした表情で、一回りも二回りも成長して帰ってくるんですよ。そんな学生の姿を見ていただくのが本校の一番のPRになると思います。

株式会社学生情報センター
ナジック学生情報センターグループは、学生マンションや学校直営寮の管理・運営、アルバイトインターンシップのサポート、そして学生イベントの支援を積極的に展開し、次代を担う学生を応援する「教育環境創造企業」の実現を目指します。

※ナジック学生マンション(749.jp)
本記事は(株)学生情報センターが2008年3月発行の「学生下宿事情2008」より抜粋したものです。
※取材時期・内容は2007年度現在となります。